KK-NETレンタルサーバーサービス ベスト・レンタルサーバ・サービス
レンタルサーバー サイトマップ
最新情報サービス案内サポート回線状況会社案内求人情報お問合わせ著作権について
レンタルサーバー・ホスティング
サーバー機能拡張


 

  WebDAVによるApacheの機能拡張

 

WebDAV (DAVはDistributed Authoring and Versioningの略)とは、正式に言うと分散環境下における編集とバージョン管理ですが、ここでは簡単な利用法としてファイル転送 用のサーバーとしての使い方を説明します。

通常サーバーとファイルをやり取りするためにはFTPプロトコルを用いて行いますが、最近は企業のセキュリティポリシーによりファイアーウォール越しのFTP自体を禁止している場合があります。しかし、取引先からファイルを送ってもらわなければならない場合などもあります。電子メールへの添付も出来ますが、通常サイズ制限があり大きなファイルを送ることは出来ません。

このような場合に、社外にサーバーを用意してWebDAVを実装しておくことにより、ファイルのアップロード、ダウンロードが自由にできるようにすることが出来ます。

すなわち、WebDAVを実装したサーバーでは、ファイルの転送をHTTPプロトコルだけを用いて行うためFTPを禁止しているファイアウォール越しにもファイルの転送が行えるわけです。(実際には既存のHTTPプロトコルを拡張した物)

昨今、注意しなければならないセキュリティ問題に関してWebDVはHTTPプロトコルを使うことからも判るように、Webサーバーでのセキュリティ対策と同じ手法を考えればよいのです。

通信経路でのセキュリティであればSSL、ファイルのアクセスに関する制限であれば.htaccessを用いてパスワードで保護をするといったことに気をつければよいわけです。
基本的には何らかのアクセス制限を行わないと、インターネットに接続している人全員がそのファイル、ディレクトリにアクセスできることとなってしまいます。

現在まだあまり日本語の資料がありませんが以下のサイトを訪れるといろいろな情報が得られます。

「WebDAV Resources JP」 http://webdav.todo.gr.jp/
「WebDAV-jp メーリングリスト」 http://www.begi.net/webdav/

WebDAVクライアントについて

現在、WebDAVを利用する時に必要なクライアントに選択肢はあまりありません。しかし、ファイルの転送だけを使うならばOS付属のものの利用で十分でしょう。

Windows:「webフォルダ」を利用することが出来ます。
      「webフォルダ」設定の仕方はこちらを参考にしてください。

Macintosh:OSXでは標準でクライアントの機能が付属しているようですが、弊社では検証を行っておりませんので、Apple社へお尋ねください。

 

WebDAV(WebDAVのモジュール)


利用方法
WebDAVのモジュールは/www/libexecにインストールされています。

/www/libexecが見つからない場合はApacheのアップデートが必要です。こちらを参照してください。

WebDAVの設定は、/www/conf/httpd.confに追加する必要があります。
以下に設定例を示します。これらは設定の一例ですのでいろいろとお客様が自由に設定できます。

下記の設定例は以下の前提を元に書かれています。
ホームディレクトリにある"webdav"ディレクトリを同じ"webdav"という名前で アクセスできるようにする。
 
~/etc/webdav.passwdをベーシック認証のパスワードファイルとする。
 
ロックデータベースを格納する場所を/tmp/DAVLockとする。
 

WebDAVシステムは、基本設定(下記の設定)のままでは認証されたユーザーであれば誰でもファイルの読み書きが出来ます。たとえば「.htaccess」ファイルを書き込むことも出来ます。(通常はapache側で「.htaccess」の読み込みを禁止しているでしょうが)
これらのユーザーごとの読み書きの権限を設定するには
<LIMIT>
</LIMIT>構文を使います。設定例がこちらのリンクにありますので参考にして設定してください。

Apache、WevDAVの設定例
http://www.webdav.org/mod_dav/install.html#apache

 

LoadModule dav_module libexec/libdav.so
LoadModule encoding_module libexec/mod_encoding.so

<IfModule mod_headers.c>
Header add MS-Author-Via "DAV"
</IfModule>

<IfModule mod_encoding.c>
EncodingEngine on
NormalizeUsername on
SetServerEncoding UTF-8
DefaultClientEncoding JA-AUTO-SJIS-MS SJIS
AddClientEncoding "cadaver/" EUC-JP
</IfModule>

DAVLockDB /tmp/DAVLock
DAVMinTimeout 600
Alias /webdav "/webdav"

<Location /webdav>
DAV On
# Header add MS-Author-Via "DAV"
DAVMinTimeout 1800
Options +Indexes
IndexOptions FancyIndexing
AuthType Basic
AuthName "Please Input ID and Password."
AuthUserfile /etc/webdav.passwd
Require valid-user
Order allow,deny
Allow from all
</Location>

ここで紹介しているソフトウエアはKK-NET以外のサードパーティーによって作成されたソフトウエアです。弊社の紹介の有無に関わりなくソフトウエアに関する質問・不具合のレポートなどは開発元へお問い合わせください。

 

[ 機能拡張メニューに戻る ]

 
ページの先頭へ
[ サービス案内 : レンタルサーバープラン比較サーバーハウジングドメイン取得VPSリセラーディスカウント]
[ ユーザーサポート : FAQmini/Lite/150パーソナル10バーチャルサーバー機能拡張CGIライブラリ]
[ ホーム] [ 最新情報] [ 回線情報] [ 会社案内] [ 求人情報] [ お問合わせ] [ 著作権について]
Copyright © 1997-2017 KK-NET. All rights reserved.
All brand names and product names used on these web pages are trademarks, or trade names of their respective holders.
Rental server hosting services provided by sales@kk-net.net
KK-NET レンタルサーバーサービス