KK-NETレンタルサーバーサービス ベスト・レンタルサーバ・サービス
レンタルサーバー サイトマップ
最新情報サービス案内サポート回線状況会社案内求人情報お問合わせ著作権について
レンタルサーバー・ホスティング
サーバー機能拡張

Apache Web Server
JSP/Javaサーブレット
MySQL
MySQL4
MySQL5
PostgreSQL7
PostgreSQL8
FrontPage
バーチャルサブホスト
poppassd
PHP
IMAP4
APOP
FTPS

 

FTPS

FTPSではFTPで送受信するデータをSSL/TLSで暗号化して通信することにより安全なデータ通信を行うことが可能です。

FTPSを利用するために必要なソフトウエアはすでにプリインストールされています。



設定方法


FTPSはExplicitモード(TLS) ポート21で動作します。ご利用のFTPクライアントの取扱説明書をよく読んで正しく設定してください。


主要なFTPクライアントでのFTPS Explicitモード(TLS)接続の呼称

File Zilla
FTPES - 明示的なTLS/SSL上のFTP
NextFTP
Explicit (TLS)
SmartFTP
FTP over SSL Explicit

 

デフォルトで ~/etc/ftpd.pemファイルにテスト用証明書が組み込まれていますのでそのまま使う場合はサーバー側での設定は不要です。証明書はベリサインなどで発行する証明書を購入することで置き換えることもできます。

~/etc/hosts.allow ファイルを作成することで TCP wrapperによってアクセス元の制限も行うことが可能です。ファイルが存在しない場合は無制限となります。

hosts.allowファイルの例
ftpd: 192.168.1.1 : allow
ftpd: ALL : deny

192.168.1.1からのみアクセスを許可して、その他は拒否します。


ftpd: 192.168.1.1 192.168.2.1 : allow

ftpd: example.jp : allow
ftpd: ALL : deny

192.168.1.1と192.168.2.1、example.jpからのみアクセスを許可して、その他は拒否します。

 

hosts.allowファイルをftpで転送する場合はアスキーモードで転送してください。

この設定はFTP/FTPS共通です。

 

ご注意

ご自分のPCにFTPのパスワードを保存して利用している場合はFTPSをご利用になっても、安全とは言えませんので注意が必要です。

[ 機能拡張メニューに戻る ]


 
ページの先頭へ
[ サービス案内 : レンタルサーバープラン比較サーバーハウジングドメイン取得VPSリセラーディスカウント]
[ ユーザーサポート : FAQmini/Lite/150パーソナル10バーチャルサーバー機能拡張CGIライブラリ]
[ ホーム] [ 最新情報] [ 回線情報] [ 会社案内] [ 求人情報] [ お問合わせ] [ 著作権について]
Copyright © 1997-2018 KK-NET. All rights reserved.
All brand names and product names used on these web pages are trademarks, or trade names of their respective holders.
Rental server hosting services provided by sales@kk-net.net
KK-NET レンタルサーバーサービス