KK-NETレンタルサーバーサービス ベスト・レンタルサーバ・サービス
レンタルサーバー サイトマップ
最新情報サービス案内サポート回線状況会社案内求人情報お問合わせ著作権について
レンタルサーバー・ホスティング
サーバー機能拡張

Apache Web Server
JSP/Javaサーブレット
MySQL
MySQL4
MySQL5
PostgreSQL7
PostgreSQL8
FrontPage
バーチャルサブホスト
poppassd
PHP
IMAP4
APOP
FTPS

 

Apacheアップグレード

最近セットアップされたバーチャルサーバーでは大部分のお客様がWebサーバーとしてApache 1.3.Xを利用しています。それ以前にセットアップされたバーチャルサーバーではApache 1.2.6または古くからのサーバーでまだApacheにアップグレードしていない場合はNCSA HTTPdとなっている場合もあります。

 

特別な理由がない限りセキュリティパッチなどは弊社にてメンテナンスを行っていますので特にApache 1.2.6からアップグレードする必要はありません。

mod_php4もApache1.2.6でサポートしています。Apache1.3.Xへ移行せずにmod_php4を利用したい場合はこちらをご覧下さい。

ここでは以前にセットアップされたバーチャルサーバーでWebDAVやその他の機能を使いたいなどの理由でApache1.3.Xへのアップグレードの方法をご紹介します。

ご注意:
アップグレード後にhttpd.conf等のコンフィグレーションファイルやその他のエラーが発生する可能性があります。アップグレードにはhttpd.conf等の設定や 互換性の問題を解決するスキルが必要です。自信の無い場合は書籍やドキュメントでApacheについての理解を深めてから行なうことを強く推奨します。

 

  1. バージョン
  2. インストレーション
  3. ドキュメンテーション

 

バージョン

  1. 現在インストールされているhttpdのバージョンを調べる。

    telnetまたはsshでシェルにログインして virtual /bin/httpd -v コマンドを実行すると、2行目に表示されているように現在のhttpdのバージョンが表示されます。
     

    % virtual /bin/httpd -v

    Server version Apache/1.2.6f KK-NET wpp/1.0.


    例の場合は Apacheバージョン1.2.6です。
    90年代頃に利用を開始したバーチャルサーバーでまだApacheにアップグレードしていない場合は NCSA HTTPd NCSA/1.5.2a のように表示される場合もあります。

    もし、次のように表示された場合はすでに最新のApacheウェブサーバーがインストールされています。


    % virtual /bin/httpd -v
    Server version: Apache/1.3.29 (Unix)

     

    最近、開通したバーチャルサーバであればすでにApache1.3 ウェブサーバーがインストールされているはずです。この後の作業は必要ありません。最新のApacheウェブサーバーのテクノロジーを充分楽しんでください。

 

インストレーション

  1. Apache1.3.Xをインストールするにはsshまたはtelnetでシェルログインして apache13_upgrade コマンドで行います。


    % apache13_upgrade

     

    apache13_upgrade コマンドはウェブサーバーのコンフィグレーションファイル群を書換えます。実行する前に www/confデレクトリにあるhttpd.conf srm.conf access.conf をバックアップしておいてください。


    注意:Apache1.2.XやNCSA HTTPdではサーバーのコンフィグレーションファイルがhttpd.conf srm.conf access.confの3つに分かれていましたがApache1.3以降はhttpd.confで全ての設定を行うようにファイルが統合されています。apache13_upgrade コマンドはこれら3つのファイルをマージして新しいhttpd.confファイルを生成します。動作に問題はありませんがApache1.3以降の新しいスタイルの書式を使いたいと希望するならサンプルとして同時に httpd.conf.sample が作られますので、これを雛型に希望する設定内容をご自身の手で書き換えてください。

     

    httpd.confを書き換えた後にapacheの再起動は必要ありません。バーチャルサーバーではhttpd.confの変更は自動的に反映されます。

 

ドキュメンテーション

Apache 1.3.Xは利用者自身でコンフィグレーションを変更することができます。利用者自身で変更する内容についてはKK-NETではサポートしておりませんので以下のサイトや書籍を参照してください。

The Apache Software Foundation
http://www.apache.org/

Infoscience Japache Apache ユーザーズ ガイド
http://japache.apache.or.jp/japanese_1_3/manual/index.html

 

[ 機能拡張メニューに戻る ]

 
ページの先頭へ
[ サービス案内 : レンタルサーバープラン比較サーバーハウジングドメイン取得VPSリセラーディスカウント]
[ ユーザーサポート : FAQmini/Lite/150パーソナル10バーチャルサーバー機能拡張CGIライブラリ]
[ ホーム] [ 最新情報] [ 回線情報] [ 会社案内] [ 求人情報] [ お問合わせ] [ 著作権について]
Copyright © 1997-2018 KK-NET. All rights reserved.
All brand names and product names used on these web pages are trademarks, or trade names of their respective holders.
Rental server hosting services provided by sales@kk-net.net
KK-NET レンタルサーバーサービス