KK-NETレンタルサーバーサービス ベスト・レンタルサーバ・サービス
レンタルサーバー サイトマップ
最新情報サービス案内サポート回線状況会社案内求人情報お問合わせ著作権について
イメージ画像
プログラムライブラリ 大変役に立つプログラムのライブラリを紹介しています。簡単な手順でインストールが可能なのでぜひご利用ください。
プログラムライブラリ

Perl 5.8
Ruby
Python
サイボウズ Office8
サイボウズ Office7
サイボウズ Office6
サイボウズ Office4
サイボウズ AG
サイボウズ デヂエ
サイボウズ メールワイズ
Zope
XOOPS
Internet Wave
mailform.pl
Majordomo
SpamAssassin
SpamSubject
Whois Gateway
WWW Board 2.0
WWW Count 2.5
WWW Stat 2.1
Analog 5.03
Webalizer
MHonArc
OsCommerce
アクセスカウンター
ゲストブック 2.3.1
サーバープッシュ
チャット(CHAT)
javaアプレット
クリッカブルマップ
コメントフォーム
リモートエージェント
オートレスポンダー

 

 

SpamAssassin

SpamAssassin

SpamAssassinとはテキスト解析技術とリアルタイムブラックリスト(RBL)やスパム情報データベースを使用してspamを検知するスパムフィルタです。ヘッダのパターン認識だけでなく、ベイズ理論を応用してメール全体の特徴からspamを判断すると共に、学習してして精度が上がってくるベイジアンフィルターになっています。 

spamの種類にもよりますが、一般に学習の進んだSpamAssassinは95〜99%の割合で、spamを正確に区別すると言われています。

 

  1. インストレーション
  2. ドキュメンテーション

1.インストレーション

SpamAssassinをあなたのバーチャルサーバーへインストールするにはtelnetかsshでシェルログインして次のような手順で行います。

  1. SpamAssassinを使用するには最新のPerl5.8が必要です。先ずはPerl5.8をインストールしてください。

    Perl5.8のインストール

  2. /usr/local/contrib に格納されている SpamAssassin圧縮ファイルを解凍します。


    % cd   ~

    % tar  -xzvpf  /usr/local/contrib/SpamAssassin.tar.gz

     

  3. spamassassinが正常に動作するか確認します。
    virtual /usr/local/bin/spamassassin  --help  を実行すると次のように表示されるはずです。

    % virtual /usr/local/bin/spamassassin  --help
    SpamAssassin version 3.1.8
      running on Perl version 5.8.5
    
    For more information read the spamassassin man page.
    
    Usage:
        spamassassin [options] [ < *mailmessage* | *path* ... ]
    
        spamassassin -d [ < *mailmessage* | *path* ... ]
    
        spamassassin -r [ < *mailmessage* | *path* ... ]
    
    〜 略 〜
    
         -V, --version                     Print version
         -h, --help                        Print usage message

    もし、上手くヘルプが表示されない場合はここでインストールを中止してください。

  4. spamdとspamass-milterを起動します。

    spamdを起動するには次のコマンドを実行します。

    % virtual /usr/local/etc/rc.d/sa-spamd.sh


    sendmailと連携するためspamass-milterを起動します。


    % virtual /usr/local/etc/rc.d/spamass-milter.sh


  5. 次に~/etc/sendmail.cfを編集してOptionsセクションの下に次のテキストボックスの内容を追加します。間違わないよう慎重に編集してください。

    注意 sendmail.cfを編集する場合は必ずバックアップを取って、いつでも元に戻せるようにしてください! また、ftpで転送する場合は必ずアスキーモードで転送するようにしてください。
    sendmail.cfの編集に失敗するとメールの配送に問題が生じることがあります。問題が生じた場合は直ぐに元に戻すことをお勧めします。

    このテキストを選択する

    ~/etc/sendmail.cfへ挿入する位置(黒字部分)

    ########################
    # Mailer definitions   #
    ########################
    
    Mremote, P=[IPC], F=CDFmMuX, E=\r\n, L=990, S=11, R=11, A=IPC $h, M=5000000
    Mlocal, P=/bin/imail, F=DFlmMs, A=mail -f $g $u
    Mprog, P=/bin/sh, F=DFlMsu, D=$z:/, A=sh -c $u
    
    #############
    #  Options  #
    #############
    
    Oa1                     # Wait (in minutes) for alias file rebuild
    OA/etc/aliases          # location of alias file
    OC10                    # Checkpoint queue runs every N deliveries
    OF0600                  # Temporary file mode
    Og1000                  # Default GID
    OH/etc/sendmail.hf      # SMTP help file
    OI                      # Insist that the name server be running
    Ok5                     # Open connection cache size
    Om                      # Expand aliases to include sender
    On                      # Verify RHS in newaliases
    OQ/usr/spool/mqueue     # Queue directory
    OS/etc/sendmail.st      # Stat file
    OT3d                    # Queue timeout and warning time
    Ou1000                  # Default UID
    Ot                      # Use TZ environment variable
    Opnoexpn,novrfy
    
    〜この辺りに上のテキストボックスの内容を挿入します〜
    #########################################################

    (内容は表示と若干異なる場合があります)


    問題がなければ、送受信するメールのヘッダに次のようなヘッダが付加されるようになります。

    X-Spam-Checker-Version: SpamAssassin 3.1.8 (2007-02-13) on example.co.jp

  6. 最後にspamdが自動起動するように~/etc/rcファイルに以下の2行を追加します。~/etc/rcファイルが存在しなければ新規に作成してください。


    /usr/local/bin/virtual /usr/local/etc/rc.d/sa-spamd.sh > /dev/null 2>&1
    /usr/local/bin/virtual /usr/local/etc/rc.d/spamass-milter.sh > /dev/null 2>&1



  7. インストールは以上です。
    SpamAssassinの設定ファイル local.cf や init.preは ~/usr/local/etc/mail/spamassassin に格納されています。お客様の希望に応じてこれらのファイルをカスタマイズしてください。
    ファイルをカスタマイズした後はspamdの再起動が必要です。

    spamdを再起動するには次のコマンドを実行します。

    % kill  -HUP  `cat  ~/tmp/spamd.pid`

2.ドキュメンテーション

SpamAssassinの利用方法や設定方法についてはKK-NETではお問い合わせ頂いてもお答えすることは致しておりません。詳しく知りたい場合は次のサイトやサーチエンジン・市販の書籍などを参照してください。

The Apache SpamAssassin Project ホームページ
http://spamassassin.apache.org/

日本SpamAssassinユーザ会
http://spamassassin.jp/




ここで紹介しているソフトウエアはKK-NET以外のサードパーティーによって作成されたソフトウエアです。弊社の紹介の有無に関わりなくソフトウエアに関する質問・不具合のレポートなどは開発元やユーザーコミュニティなどへお問い合わせください。



 
ページの先頭へ
[ サービス案内 : レンタルサーバープラン比較サーバーハウジングドメイン取得VPSリセラーディスカウント]
[ ユーザーサポート : FAQmini/Lite/150パーソナル10バーチャルサーバー機能拡張CGIライブラリ]
[ ホーム] [ 最新情報] [ 回線情報] [ 会社案内] [ 求人情報] [ お問合わせ] [ 著作権について]
Copyright © 1997-2018 KK-NET. All rights reserved.
All brand names and product names used on these web pages are trademarks, or trade names of their respective holders.
Rental server hosting services provided by sales@kk-net.net
KK-NET レンタルサーバーサービス